必見!  あなたの”知りたい”が必ずココにある! [話題の情報をゲット]
ファッション

大人が軍パンをおしゃれにこなす、3つの方法

1 分で読めます


ただでさえ無骨なのに、ワイドシルエットとなれば、なおのこと。男前服の代表的アイテムである軍パンは今シーズンの最有力アイテムですが、大人に見せる一手が必要です。

男前パンツの大本命だからこその落とし穴とは?

ミリタリーはもはや男前服の大定番ですが、今年はカーゴパンツ人気がいつも以上に盛り上がっています。もともとは貨物船の乗務員がはいていたカーゴパンツ、その後アメリカ軍が採用したことから今では‟軍パン”といえばこちらを思い出す方も多いでしょう。ドレスカーゴと呼ばれるスリムなシルエットも人気ですが、昨今のゆったりトレンドを受けて、ワイドシルエットにも注目が集まっているんですね。でも、太くなれば当然無骨さが強くなるわけで、やりすぎにならないように、こなしのテクニックを知って大人に着こなしたいものです。

で、ポイントは、力を抜きつつもクリーンでリッチなトップスと合わせること。そして足元はレザーシューズにすること。この2点を守れば、かなりワイドなカーゴパンツでも野暮じゃなく洒脱に見せられます。で、カーゴパンツそのものにも選びのポイントが。気持ちゆったり、じゃなくて思いっきりゆったりを選ぶのがコツ。その方がトレンド感がありますし、コク足しにかなり有効ですよ。

クラシック柄を投入しつつ、抜け感をキープ

超ワイドかつバルーンなシルエットがユニークな、H.D.パンツ。かなりのボリューム感ですが、ハウンドトゥース柄をあしらったコートとなら、意外にもシックな印象に。インナーとローファーをダークカラーで引き締めているのも、ポイント。コートはターンナップしシューズも素足履きして、ラフさをさり気なく残すのが上手くまとめるコツです。

単なる上品とは違う、リラックス感が重要

軍パンの野暮さを払拭するのに、ジャケット合わせは王道。とはいえ、単にプレッピーなだけでは面白くないので、こんなホワイトのダブルなんていかがでしょう。しかも、ゆったりとしたシルエットでゴージも低めという、どこかフレンチクラシックな一着を。足元もグルカサンダルにするなど、品良くまとまりすぎない感じが男の色気を感じさせます。

例えるなら、ハワード・ヒューズ的な色っぽさ

ワイドシルエットに加え、オリーブグリーンにブラウン系という組み合わせは、無骨感もひとしお。かと思いきや、トップスはチェック裏地が上品なスイングトップに、台襟高めなシャツ、そして首元には柄スカーフを。男前な軍パンと色使いの中にも、リッチでエレガントな要素を加えることで野暮ったい印象を回避できます。腰元を重たく見せないようにあえてノーベルトにしたり、裾をやや短めにはいたのも、要因です。

引用元https://www.leon.jp/fashions/67989?page=3


関連記事
ファッション

欲張りな大人は必見! 無敵の財布とは?

1 分で読めます
薄着になって小物の重要性が増す季節。もちろん…
ファッション

女性のカワイイ! を誘う、あざとジュエリー4選

1 分で読めます
色落ちしたGジャンに、胸元露わなオープンカラ…
ファッション

女子が気になっちゃう!? 匂わせジュエリーってなに?

1 分で読めます
メゾンのジュエリーにおけるロゴの取り扱いは、…
ファッション

テーブルバトルで一目置かれる個性派スマホケース4選

1 分で読めます
個性をアピールする小物といえば、バッグや時計…
ファッション

【2021年新作腕時計】名作モデルがまさかの進化! 大人にふさわしい3本

1 分で読めます
腕時計の最前線で活躍するジャーナリスト3人が…

MEN’S PARADISE情報メルマガ

メルマガ登録で最新情報をいち早くキャッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です