必見!  あなたの”知りたい”が必ずココにある! [話題の情報をゲット]
ファッション

いま万能シャツといえば、「男前」なこの3タイプ

1 分で読めます


スウェットやパーカもいいけれど、男の色気を出すならシャツの使いどころもわきまえておきたいところ。種類豊富なのが魅力のアイテムとあって、うまく使い分ければいろんなシーンで楽しめちゃいますよ。

たった3種で大人の日々をオールカバー

メンズのトップスにおいて、最もバリエーションが多いアイテムといえば、シャツではないでしょうか。生地、色、柄、さらに言えば胸ポケットや襟の形&高さによって、その印象は一変。ドレッシーにもワイルドにも振り幅広く演出できちゃいます。で、数多あるシャツの中から、いま大人に必要なのは、この3タイプとLEON.JP的には思う次第、それはズバリ、デニム・総柄・開襟の3タイプ。

この3タイプに共通する特徴というのが、今回の特集で推奨しております、「男前」なんですね。
なにをもって男前と言うのか? についてはこちらを見ていただきたいのですが、一言で言えば、ちょっと無骨だったり、ちょっとヤンチャだったりするってこと。

例えば、デニムシャツは、言うに及ばずタフガイの代名詞的なアイテムですし、色落ちモノなら男らしさはさらに増します。総柄シャツはヤンチャさにおいては群を抜いておりますゆえ、難易度はやや高いですが、ハマれば色気抜群。開襟シャツも同様に胸元の色気演出に有効ですが、色やディテールによってはワークな男らしさも付加できちゃうんですね。

そんな男前シャツを、なぜ、いま大人にオススメするのかと言えば、1枚でパンチのあるアイテムゆえに、着こなしを一変させる力があるから。ちょっと無難すぎるかな、なんて思ったときには非常に有効なんですね。

というわけで、着こなしのコツは、あくまで「男前」要素は、シャツだけに任せて、他はクリーンにまとめること。
そうすると、いつもの着こなしがぐぐっと色っぽく、コクのあるスタイルに変わるんです。
さらに、この3種を使い分ければ、デートからリゾートまでおおよそのシーンを網羅できちゃいます。
男前で万能なこの3タイプ、ぜひお試しを! 

綺麗目な着こなしにデニムシャツ投入で、デートスタイルに新鮮さを

まぁ、これは言わずもがなでしょう。デニム、色落ち、さらにウエスタンという男前3拍子が揃った一枚があれば、クラシックなストライプのダブルブレストジャケットにコクと色気が加味されます。ただし、王道ゆえに追い打ちは禁物。ドレッシーな中への一点投入で十分なんです。 

ビーチじゃなく、リゾートホテルのラウンジ想定

リゾートムード高まる季節に、総柄はうってつけ。開襟でなら、なおのことです。ただし、浮かれすぎるのは考えもの。色のトーンは抑えめに、そしてコーデも、むしろ真逆に都会的な印象でまとめるのが正解。そうすると、総柄も浮足立たず品の良い色気顔に。そんな足し引きを心得ておくと、総柄も恐るに足らずです。 

ラフだけど洗練顔な大人のデイリーアメカジ

胸元が開いた開襟シャツは、男の色気演出に最適。でも、実はそれだけじゃないんです。無地、それもフラップ付きの胸ポケットとなら、実はラフなアメカジスタイルにも。まぁ、ワークシャツでも同型はおなじみですから。それでも、首元の開放感により無骨さは控えめ。色落ちデニムとも相性が良く、艶っぽくも爽やかにキマります。

引用元https://www.leon.jp/fashions/67982?page=3


関連記事
ファッション

欲張りな大人は必見! 無敵の財布とは?

1 分で読めます
薄着になって小物の重要性が増す季節。もちろん…
ファッション

女性のカワイイ! を誘う、あざとジュエリー4選

1 分で読めます
色落ちしたGジャンに、胸元露わなオープンカラ…
ファッション

女子が気になっちゃう!? 匂わせジュエリーってなに?

1 分で読めます
メゾンのジュエリーにおけるロゴの取り扱いは、…
ファッション

テーブルバトルで一目置かれる個性派スマホケース4選

1 分で読めます
個性をアピールする小物といえば、バッグや時計…
ファッション

【2021年新作腕時計】名作モデルがまさかの進化! 大人にふさわしい3本

1 分で読めます
腕時計の最前線で活躍するジャーナリスト3人が…

MEN’S PARADISE情報メルマガ

メルマガ登録で最新情報をいち早くキャッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です