必見!  あなたの”知りたい”が必ずココにある! [話題の情報をゲット]
恋愛

「自分を振った元カノ」と毎日顔を合わせるときの接し方9パターン

1 分で読めます

彼女に振られたあとは、誰だって気まずいものですが、クラスや職場が同じ場合は、嫌でも顔を合わせなくてはなりません。お互いに過ごしやすくするためには、元カノに対してどんな態度を取るのが無難なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『自分を振った元カノ』と毎日顔を合わせるときの接し方」をご紹介します。

【1】それまでと変わらない笑顔で挨拶する

「元カレのほうからおはようって言ってくれたら安心する」(10代女性)というように、自分から挨拶をすることで、関係を正常化させていく作戦です。最初はぎこちなくてもいいので、とにかく毎日の習慣として続けられるといいでしょう。

【2】自然に目を合わせて話す

「不自然に目をそらされたりすると辛い」(10代女性)というように、気まずくても、とにかく目をそらさないようにして、平常心を保つパターンです。どうしても目を合わせにくいようなら、眉間や口元などに視線をずらしてみてはいかがでしょうか。

【3】必要最小限の会話にとどめる

「まだ付き合っていると思われたくないから」(10代女性)というように、元カノが周囲の目を気にしているようなら、会話は最低限にとどめたほうがいいかもしれません。話しかけるとしても、用件が済んだらさっと離れるようにしてあげましょう。

【4】別れたことをネタにしない

「クラスのみんなにいろいろ知られたら気まずい」(10代女性)というように、別れたことをペラペラしゃべらないことも大事でしょう。別れたことが自然に知れ渡るのは仕方がないとしても、聞かれてもないのにわざわざ明かすのは控えたほうがよさそうです。

【5】近くに寄りすぎず、適度な距離感をキープする

「なれなれしいのは迷惑だし、不自然に避けられるのも困る」(20代女性)というように、元カノとほどよい距離を保つことができると、同じ空間にいても快適に過ごせるかもしれません。近づきすぎると気まずくなるので、ときどき彼女との距離を確認しましょう。

【6】なるべく二人きりにならないようにする

「二人で話しているところを見られたくないので」(10代女性)というように、付き合う前の関係に戻るためにも、話すときはできるだけ友人を交えたほうがよさそうです。無駄な接触を避けるためには、用があってもLINEなどで伝えたほうがいいかもしれません。

【7】交際中の呼び名ではなく、苗字で「○○さん」と呼ぶ

「やっぱり別れたらけじめをつけたいです」(20代女性)というように、交際中とは呼び名を変えたほうが気分を一新できるようです。苗字だとよそよそしすぎて不自然に映る場合は、交際前に呼んでいたあだ名などでもいいでしょう。

【8】もらったプレゼントは身に着けない

「自分があげたものをまだ使ってるのを見ると、こっちに未練があるのかな?と思ってしまうから」(20代女性)というように、元カノからもらったものは、なるべく身に着けないほうがいいようです。潔く処分するのが一番ですが、気に入って愛用しているアイテムなら、せめて元カノのいない場所で使いましょう。

【9】付き合っていたからこそ知りえたことには言及しない

「エッチのこととか、恋人にしか話せなかった秘密は話してほしくない」(20代女性)というように、元カノが大っぴらにしたくないプライベートの姿を誰にも話さないことも、大人のマナーといえるでしょう。誰かにしつこく聞かれても、貝のように口を閉ざしたいところです。

彼女と別れてすぐに交際前と同じような態度をとるのは難しいかもしれません。適度な距離感を意識しつつ、まずは自然な挨拶から心掛けてみましょう。

引用元https://www.sugoren.com/report/1524645899677/9


関連記事
モテテク恋愛

彼氏がいない女子の寂しさがピークに達する瞬間9パターン

1 分で読めます
弱みに付け込むようですが、寂しい女性ほど落と…
モテテク恋愛

女性が気になる男性に対して、ついついやってしまう行動9パターン

1 分で読めます
好きな人に対しては、普段と違う行動を取ってし…
恋愛

振られた彼女と復縁する7つの方法

1 分で読めます
彼女に振られた時、そのまま別れを選択していま…
モテテク恋愛

難関不落のお姉さま♥年上女性を落とすシンプルなアプローチ

1 分で読めます
美人で優しくて、頼れるお姉さま。そんな年上女…
モテテク恋愛

【プロ厳選】決定版!大阪/難波エリアでおすすめのラブホ10選

1 分で読めます
大阪/難波エリアでラブホテルをお探しですか。…

MEN’S PARADISE情報メルマガ

メルマガ登録で最新情報をいち早くキャッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です